「シムシティ ビルドイット」を紹介!

この記事では、『シムシティ ビルドイット』について遊び方などをご紹介していきます。

<魅力>

  • 美しいグラフィック
  • 簡単な操作性
  • 市長として自分だけの街を作れる

 

「シムシティ ビルドイット」とは

『シムシティ ビルドイット』について紹介します。

PC版もプレイしていたのですが、モバイル版のシムシティにもすっかりはまってしまいました。

基本情報

提供元 ELECTRONS ARTS
価格 基本無料
プラットフォーム iOS / Android

 

iOS、Androidのどちらからでもプレイできます。

 

どんなゲーム?

プレイヤーが市長となり、街を運営・発展させていく街づくりシミュレーションゲームです。

道を作ったり家や様々な施設を建てたりしながら、自分だけの街を作っていきましょう。

 

遊び方

ゲームの流れやできる事・遊び方をご紹介します。

 

基本的な流れ

チュートリアルがあるので、それに従えば都市建設の大体の流れが掴めるはずです。

ひたすら道・家・施設を建て、街を発展させていきます。

 

施設の建設

 

工場やホームセンター、市場など様々な施設を建て、材料・商品を製造することができます。

それぞれの施設で作れる物が異なり、製造にかかる時間も違います。

例えば、工場では金属や木材、プラスチック、ホームセンターではメジャーなどが作れるのですが、それらは住宅のアップグレードに利用することができます。

また、工場で生産された材料を用いて、釘など別の資材に加工することができます。

 

公害が大きな施設もあるので、建設場所はよく考えて決めましょう。

住民の街に対する満足度にも関係します。

 

整備

 

街を作る際に重要となるのがインフラの整備ですね。

住宅や施設に電気の供給や水道を敷いて、街に供給しましょう。これらが足りないと、停電になったり、水道から水が出なかったりといったトラブルになります。

発電施設にも風力発電や石炭発電など種類があります。

発電量が少ないと公害も少ないのですが、発電量が大きいと公害も大きくなってしまうので悩みどころです。費用の面も絡んできますからね・・・

 

街が発展すると人も増えるので、道路で渋滞が起こり始めます。そのような時は道路をアップグレードして改善していきましょう。

 

街の整備も忘れず行っていきましょう!

 

住民の満足度

街を作って住民が住み始めると、住宅に吹き出しが表示されるようになります。それをタップしてみましょう。住民の考えていることがわかります。

住民がどんなことを不満に思っているのか、声を聞いて改善していくのも市長の仕事ですね。

満足度を上げて街の評価も上げていきましょう!

 

街のレベル

人口が増え、街が発展していくと、街の面積を拡充していくことが可能です。

それに伴い、建てられる施設の種数やアイテムが増え、さらに街を発展させることができます。

 

イベント

 

イベントとして街に災害が起こります。制限時間があるので、時間内に解決しましょう。

自分で街に災害を起こすこともできます。

自分で作り上げた街に災害を起こすなんて気が引けますが、それにより入手できるアイテム、建てられる建物などもあるので、たまにはやってみるのもありかと思います。

 

災害を受けた場所は修繕可能です。

 

 

資金が無い、資材がない時は?

施設や住宅を建設し、街を発展していくと

施設を建てるお金がない!

といった場面に出くわすかもしれません。

そんな時は工場で生産・加工した材料を他のプレイヤーに売ることで、資金を得る方法があります。

また、足りない資材は隣の街から購入することも可能となっています。

 

まとめ

『シムシティ ビルドイット』の特徴をまとめてみました。

<特徴>

1:道路建設・撤去にお金がかからない

これは結構嬉しいですね。

2:建物の移動が楽

長押しで簡単に建物を移動させることができます。

 

『シムシティ ビルドイット』の魅力の一つは何と言ってもグラフィックの美しさです!

最初にプレイした時は、その美しさに感動しました。

昼夜の概念もあり、一日一日が過ぎていくのがわかります。また、夜になると明かりが点くので、昼とは違った街を楽しむことができます。

スマホ向けに考えられた作りとなっていて、操作も簡単なのでぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント